腰痛

あなたの腰痛の危険度チェック|痛みの現れ方でみる腰痛の種類

腰痛の原因は?実は85%の腰痛は原因不明

高齢者だけではなく若年者にも多い腰痛、厚生労働省の検査で腰の痛みを訴える人の割合が、男性では1位、女性でも肩こ りに次いで2位という調査結果があります。

腰痛には原因が特定できるものを特異的腰痛、原因が特定できないものを非特異的腰痛と言っています。

医師の診察を受けて腰痛患者の85%が非特異的腰痛、残りの15%が特異的腰痛になります。

原因を特定できる特異的腰痛で例をあげると椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・圧迫骨折などがあり誰もが聞いたことがあると思います。

腰椎椎間板ヘルニア

背骨は椎骨と言う小さな骨が重なっています、7個の頸椎・12個の胸椎・5個の腰椎・仙骨・尾骨が背骨を構成しています。

この椎骨と椎骨の間に衝撃を吸収する役割を果たしている椎間板があります。

この椎間板に何らかの原因で傷が入ることで中にある髄核というゼリー状の組織が飛び出した状態をヘルニアと言います。

この飛び出したゼリー状の髄核が神経を圧迫してしまうとお尻や脚に『シビレ』や『痛み』がでてきます。

腰部脊柱管狭窄症(きょうさくしょう)

人間の背骨には脊柱管というものが存在しています。

こちらの脊柱管が何らかの原因で狭くなってしまうと中を通る神経が圧迫されてしまい、腰痛だけでなく下半身の『シビレ』や『痛み』が出現します。

この腰部脊柱管狭窄症で特有の症状が間欠性跛行と言い、歩行時にシビレや痛みが出現し少し休息すると症状が落ち着くことが特徴です。

骨粗鬆症による圧迫骨折

骨粗鬆症は骨密度が低下することによって骨がスカスカの状態になってしまう病気です。

そのため尻もちをついたり、重いものを持ち上げたりしただけでも骨折してしまうことがあります!下図の右のように上下から押しつぶされたように骨折します。

骨折が治ってもつぶれた骨の形状は元に戻りません。そのため背中が丸くなったり、身長が低くなったりしてしまいます。

また腎臓結石・尿管結石・急性膵炎・子宮内膜症など内臓系由来の腰痛や、閉塞性動脈硬化症・腹部大動脈瘤などの血管系由来の腰痛もあるので長期にわたって症状がある方は専門医の受診をおすすめします。

では腰痛の残り85%を占める非特異的腰痛の多くは椎間板や筋肉に原因があると言われていますが、基本的に原因がわかりません。

患者さんの訴えが医師による 問診・診察の所見やレントゲン、MRI、CTなどの画像検査の結果と一致しない、つまり科学的に説明できない腰痛です。これを非特異的腰痛といいます。

ぎっくり腰や慢性腰痛もこの非特異的腰痛に入ります、近年では心因的・社会的要因で腰痛を訴えるケースも増加傾向にあります。

腰痛の危険度チェック

じっとしていても痛みがある

原因なく安静時に強い痛みがある方は注意が必要です!

脊椎の病気や内臓系の病気の可能性が考えられるので我慢はせず、まずは整形外科や病院で診察を受けるようにしましょう。

背中がまがってきてしまった

背中がまがってきた…と感じる方、骨粗鬆症による圧迫骨折の可能性があります!いわゆる『いつの間にか骨折』と言われるもので、閉経後の女性が特に多くみられます。

骨の中がスカスカになる病気で骨折のリスクが高くなります。

足がしびれて長く歩けない

上記の二つのうちどちらかが該当する方は、脊柱管や神経の障害が疑われるので腰部脊柱管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニアの可能性があります。この症状は進行することがあるので注意が必要です。
~ここまでのチェック項目に1つでも該当するのであれば一度医療機関の受診をおすすめします~

体を動かすと疼痛を感じる

腰の関節・椎間板・筋肉などが原因の腰痛である可能性が高いです、ほとんどの腰痛は短い期間で痛みがなくなるものです。

しかし、治療せず放置したり症状が悪化した場合や、3か月以上症状が続く慢性腰痛の場合は、一人で解決しようとせず専門家に相談することがすすめられます。

まとめ

このことから何が言えるかと言うと、整形外科クリニックや病院に行ってレントゲン・MRI・CT検査をして腰痛の原因が見つかるのはたったの15%、これが不必要な検査だとは思いません。

骨折や骨に腫瘍があったり、何かしらの変化を見つけるために必要な検査です。

世の中に腰痛で困っている人の85%はレントゲン検査をしても原因がわからないです、

  • レントゲンでは異常が見られなかったので…
  • とりあえずお薬と湿布で様子を見ましょう…
  • 電気をかけましょう…
  • 痛むうちは安静にしてください…

など言われたことはありませんか?

医師に言われたからと、放置したりしていませんか?

とりあえず整骨院やマッサージで様子をみてみよう!と思われる方もいるかもしれません。治療後は一時的に軽くなったりするかもしれません、数日経過するとまたもとに戻った経験はありませんか?

それは痛みの原因が治療できていないからです…

腰が痛い人に対し腰の治療をして、腰痛が治る人は少ないと思います。

なので当院では問診に力を入れています、いつから・どこが・どうやってと症状がある部位以外のお話確認していきます。

そして問診から原因を抽出し、触診や動作のチェックや検査をし患者様の根本の原因を探し出すことに一番時間を使います。

なので患者様に最短で良くなって頂く為に何をすればいいのかをお話させて頂いてます。

当院は治療にマニュアルなどありません、患者様一人一人にオーダーメイドで治療を提供するだけでなく、自分の身体と向き合って頂きたく対応させて頂いてます。

治療は施術者だけでは成立しません、私は患者様と一緒に成し遂げるものだと思っています、少しでも腰痛に悩む方が少なくなるために私たちがいます、いつでも頼ってください。

-腰痛

© 2022 リコレクト鍼灸整骨院 Powered by AFFINGER5